主婦が仕事で楽しさを覚えたら一気に人生が充実して専業主婦には戻れなくなった話

専業主婦だった頃、育児と家事しかしていない毎日に嫌気が指して

  • やりがいがない
  • やる気が起きない

という感情をいつも抱いていました。

でも、在宅ワークで仕事を始めるようになってから

仕事が楽しい…!

と思えるようになり、人生が一気に変わりました。

仕事を始めてみると、
不思議なことに家事が前よりも嫌ではなくなったし
育児も余裕を持って楽しめるようになりました。

良い循環が生まれるようになったのです。

とはいえ、主婦が仕事をすると大変なことも多いんじゃないの?と思いますよね。

私もそう思っていたのですが、
やってみて始めてわかる「楽しさ」があったのです。

このページでは、専業主婦が仕事をすることで
どんな楽しさを見つけられるようになったのかを
詳しくお伝えしますね。

目次

仕事の楽しさ1:育児と家事以外の、やりがいある時間を持てる

やっぱり人間、報酬がないとがんばれないです

専業主婦の仕事は家事と育児ですね。

でも、家事をやっても給料が出るわけではないし、
ありがとうと言ってくれるのは夫くらいのもの。(しかも年に数回)

育児に関しても、もちろん給料出ないじゃないですか。

私、育児って究極のサービス業だと思ってるんですよ。

お客様(子供)がご機嫌を損ねないよう行動し
理不尽なことがあっても怒ってはいけなくて
お客様(子供)がやりたいことに徹底的に付き合い…

なのにお給料なし

育児に見返りは求めるのはナンセンスだけど…。

こんな生活を24時間365日続けていたら、
だんだんやる気がなくなってくるのは当たり前。

でも、「在宅ワークで収入を得る時間がある」という生活に変わってからは
気持ちがガラッと変わりました!

育児も家事もしっかりがんばっている…

な・の・に、お金も稼げている!!

リリコ

なんだか、すごく自分がレベルアップできたなーと思えたんです。

仕事の楽しさ2:母でも妻でもない本来の自分に戻れる

「育児中は“自分”がなくなっていく感覚がある」と前述しました。

でも、在宅ワーク中は母でも妻でもなく
「本来の自分」としてお仕事をできている感覚があります。

当たり前なんですが
クライアントからは
「○○様」「○○さん」と呼んでいただきますから

「△△ちゃんのママ」ではなく、
「□□さんの奥様」でもなく
ただの「○○さん」に戻れるんです。

リリコ

ただの「○○さん」でいられる時間って、すごく充実していますよ

仕事の楽しさ3:収入が増えて気持ちが安定する

「お金の余裕は心の余裕」とはよく言ったものです。

月に数千円、収入を得られるだけでこんなに気持ちに余裕が出るのか!
と、びっくりします。

たとえば月に3000円、在宅ワークでいただけるだけでも
マック1回分になりますね^_^

「今日のマックは私の稼ぎから出すよ」
と、夫にちょっとドヤることもできます 笑

マックじゃなくて服でもいいですね。

服屋さんで「可愛いな」と気に入る服があっても、
基本、専業主婦には高い買い物じゃないですか。

諦めて、しま○らで似てる服を買う…みたいな。

月に3000円の収入があれば、妥協せず本当に気に入った服を買えますよね。

マックでも服でも、まぁなんでもいいのですが
「自分の稼いだお金で好きなものを買える」という状況。

リリコ

必ず心の余裕につながりますよ。

仕事の楽しさ4:夫婦のパワーバランスが変化する

在宅ワークで収入を得られるようになると、夫婦のパワーバランスが変化します

収入がたとえ、数千円でも、です。

専業主婦って、生活費は夫頼みという状況ですね。

高額な買い物をするときは、夫に気を遣って
「これ買おうと思うけどいいかな?」
って、いちいち確認をとったり。

乾燥機能つきのドラム式洗濯機が便利そうだからほしいけど
今使ってる洗濯機がまだ壊れてないから
言い出せなかったり。

(家族のために洗濯してるのに…)

家事をもっとやってほしいけど
夫は稼いでる、私は稼いでない」という状況だから
どうしても強く言えない…


だけど、在宅ワークをするようになったらどうでしょう?

高額な買い物は、
自分で稼いで買えばいいや、
と思えるようになります。

洗濯機の買い替えは、
家事を楽にして仕事の時間をもっと作るため、
という理由ができます。

家事をもっと手伝ってくれたら
私の収入はさらに上がるよ、と
協力を仰げます。

家事や育児のがんばりは
ぶっちゃけ、あまり目に見えません。

特に、日中は仕事に行っている夫ですから
あなたが一人で頑張っている姿を
直接見ることはないですよね。

だけど、「収入を得ている」というそれだけの事実が
「仕事頑張ってるんだな」という認識につながります。

だから、夫の態度は少しずつ柔らかくなるはず。

リリコ

ちょっと悔しいけど、それが人間の心理なのかもしれないですね。

仕事の楽しさ5:保育所の一時預かりを遠慮なく利用できるようになる

私、在宅ワークで数千円しか稼げていないときから
保育所の一時預かりを利用してました。

なぜかといえば、
子供と離れる時間がどーしても欲しかったから。

週に一回お願いしていて、
毎月4000〜5000円、保育料がかかってました。

だから在宅ワークの収入と
トントンにはなってしまうのですが
それでもいいから、とにかく一人の時間がほしかった…

一時保育って、リフレッシュ目的でも預かってもらえるんですよ。

だけど、こちとら専業主婦だから
やっぱり後ろめたさがあるんですよね。

それが、在宅ワークを始めてからは
預かりの理由を「就労のため」とできるから
堂々と利用できるようになりました。

保育士さんからしたら、
そんなこと関係ないのかも知れません。

だけど、専業主婦が子供を保育所に預ける後ろめたさは
簡単に払拭できるものじゃないんですよ…^^;

リリコ

週に一回、子供と離れる時間は
育児、家事、仕事の質をすべて上げてくれました!

仕事の楽しさ6:仕事を通してもっと成長したいと思えるようになる

専業主婦になってずっと感じていたのが
私個人としての成長が止まっている
ということでした。

だけど今、仕事を通してもっと成長したい!という気持ちが
強くなっています^^

ところで・・・
育児は「育自」”
という言葉、聞いたことありますか?

育児は子供を育てているのと同時に、
自分も人間的に成長させられる、といった意味合いで使われます。

たしかにね、と。

育児って懐の深さを試されたり、
自分の人間性を見つめ直したりできます。

人間としてすごくレベルアップする感覚があるじゃないですか。

だから、育児とともに育自をして
子供を生む前よりは、ずいぶんと人の気持が分かるようになった気がします。

とはいえ

それって、母親としての成長であって。

妻でもなく母親でもない自分に戻ったとき、
何か成長したことがあるの、と聞かれたら
「特にないです…」

子育てが終わったあと、社会の役に立てる何かしらのスキルがあるかと聞かれたら
「特にないです…」

リリコ

虚しいですよね。

私は今、仕事をしているから、その虚しさは感じません。

仕事を通して、いち個人としての成長を感じられているからです^^

主婦でも仕事に楽しさを感じるのは、在宅ワークだからかも知れない!

総じて言えることは「今、楽しい!」ということです。

育児と家事と仕事。そして夫の相手 笑

これらをこなす毎日はそれなりに忙しいですが、
とても充実していて「楽しい」と思える時間が増えました。

それは私が「在宅ワーク」をしていて
時間に融通がきくため
家族との時間を大切にできていることも大きいかな、と思います。

在宅ワークとは

会社などに出勤せず、自宅で仕事を行うことを言う。

個人事業主(フリーランス)として収入を得る場合と、会社に雇用される場合がある。

私は在宅ワークの中でも「WEBライター」というお仕事をしています。

ライターとしてのスキルが少しずつアップしていて
仕事人としての成長を感じられています。

パートで働くために外に出ているとしたら
ここまでの充実感はなかったかもしれない…

正直そう思います。

在宅ワークは、
「やりがいを見つけたい。でも家族との時間も大切にしたい」
という主婦の方に、ぜひ知ってほしい働き方です。

在宅ワークって聞いたことはあるけど、よく分からない…
在宅ワークでどんな仕事ができるのか知りたい!

そんな方は、下記のページを読んでみてくださいね。

専業主婦の在宅ワークでおすすめのお仕事6選!

まとめ:主婦が仕事で楽しさを覚えたら人生充実!

まとめ

専業主婦が仕事を始めると、

  1. 育児と家事以外の、やりがいある時間を持てる
  2. 母でも妻でもない本来の自分に戻れる
  3. 収入が増えて気持ちが安定する
  4. 夫婦のパワーバランスが変化する
  5. 保育所の一時預かりを遠慮なく利用できる
  6. 仕事を通してもっと成長したいと思える

といった変化が起こることをお伝えしました。

あとは、母親が楽しく働いている姿を子供に見せられるのも
子供の将来にいい影響があるのでは…と思っています。
(今はまだ分からないけれど…)

自分がやりがいを持てる仕事なら何でもいいのですが、
「やりたい仕事が特にない…」「なるべく家にいれたら最高」という方には
在宅ワークが絶対におすすめです^^

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる