専業主婦の劣等感は在宅ワークをすれば消える!今日何してたの?ってもう言わせない!

専業主婦の劣等感は在宅ワークをすれば消える!

専業主婦であることで
劣等感を抱くことが多くないですか?

  • 共働きを推進する世の中の風潮に肩身が狭い
  • 社会と隔離されている感じが辛い
  • 暇そうだと思われる

などなど…。

劣等感があるなら、働いている状態を
作っちゃえばいい、と私は思います。

月に数千円の収入だとしても
劣等感はみるみるうちに消えますよ。

でも、子どもが小さいから
外で働くことは難しいですよね?

だから、在宅ワークなんです。

私も在宅ワークを始めたことで
専業主婦の劣等感から開放されました。

なぜ在宅ワークをすると
劣等感が消えるのか?

リリコ

このページで詳しくお伝えしていきますね

目次

専業主婦の劣等感①共働きを推進する世の中の風潮に肩身が狭い

専業主婦のいる世帯よりも
共働きの世帯の方が増えた!
なんてことを、よく聞きますよね。

それってつまり、
専業主婦は少数派ということ。

リリコ

少数派というと
なんだか肩身が狭いですよね…。

私は専門学校卒なのですが
学費は親に出してもらっています。

勉強したことを活かせずに
専業主婦でいることを
申し訳ないなー
と思うことも^^;

でも、そんな世の中の風潮を分かった上で
それでも選んだ「専業主婦」という道。

その目的って
「子どもとじっくり関わる時間を持つため」
ではないですか?

だったら、家で仕事をして
子どもとの時間も今までどおり
持てるようにするといいです。

私も在宅ワークをしていますが
仕事を始めたのは
下の子をまだ自宅保育している頃でした。

日中はそれまでと同じように
外遊びをして

昼寝のタイミングや
寝かしつけが終わったあとで
パソコンに向かっていましたよ。

リリコ

生活にメリハリがつくようになって
すごく充実感を得られるようになりました。

専業主婦の劣等感②社会と隔離されている感じが辛い

専業主婦の大問題。

それは社会とのつなかりがないこと…。

当たり前に働いているときは
専業主婦の孤独が
こんなに深いものだとは知る由もなく。

社会から取り残されているような
自分以外の人だけどんどん成長しているような…

リリコ

そんな焦燥感がありませんか?

私は在宅ワークをするようになってから
社会とのつながりが復活したなーと
実感しています。

在宅ワークなので
インターネット上でのお付き合いが
中心ですが

家族以外、友人以外とのやりとりは
確実に増えるので
社会の一員だ」という実感がわきます。

在宅ワークをしていると
長くお付き合いをするクライアントが
できたりしますしね。

webライターなんかだと
Twitterをしている人が多いので
そこでお仲間ができたりします。

リリコ

楽しいですよ、Twitter ^^

あとは、
探せばコミュニティなんかもありますし。

仕事を始めてすぐには
社会とのつながりを実感できないかもですが

私の場合、気がついたら
「社会と隔離されてて焦る…」
と感じることはなくなりましたね。

専業主婦の劣等感③暇そうと思われる

専業主婦やってると
「私のこと、暇な人って思ってるんだろうなぁー」
と感じることが、多くないですか?

ワーママの友人に
「このHPの感想教えてー!」って
仕事のお手伝いを要求されたり…^^;

いつも忙しいアピールしてる割に
いつも長話してくる
近所のおばちゃんにつかまったり…^^;

まぁ一番ムカつくのは旦那に
「今日1日、何してたの?」
って言われることですけどね…

こういった悩みも、在宅ワークを始めたら
おもしろいくらいに解決しました。

ワーママの友人は
私が在宅ワークを始めたことを知ってから
仕事のことでの相談はなくなりました。

近所のおばちゃんの
長話につかまりそうになったら
「仕事があるので」と切り上げられるし。

ダンナにも
「今日何してたの?」って聞かれたときには
育児と家事と仕事ですけど?
って返せるようになりました。

リリコ

そしてそのうち、
今日何してたの?の質問はなくなりました

子どもを見ながらの仕事だから
大した額は稼げないですけど

「仕事をしてます」と言えるのって
こんなに便利なのかーと思いましたね^^;

専業主婦の劣等感④子どもが大きくなったとき必要としてくれる職場があるのか?という焦り

今は専業主婦でも、
子育てが落ち着いた頃に
社会復帰したいなーと考えている人が
ほとんどだと思うんですよね。

でも、ふと不安になったりしませんか?

子育てが落ち着いた数年後には
私は専業主婦歴○年…。

そのブランクを受け入れてくれる
職場ってあるのかな…

と。

だったら、
今から少しずつでも
仕事を始めておけばいいと思いませんか?

そしたらブランクが埋まります。

在宅ワークなら
今からすぐにでも挑戦できますよ。

もしかしたら、

子育てが落ち着いたころには
全く違うお仕事をすることになるかも
しれません。

だけど、在宅ワークをしていた経験は
必ず何かの役に立ちますからね。

専業主婦の劣等感⑤専業主婦は家のことを全部自分でやるべき?

専業主婦の辛いところ、それは
「家事を全部やらなきゃいけない」という
無言の圧があること。

でも、家事って何年もやってると
結構辛くなってくるじゃないですか。

  • 誰かからありがとうと言われるわけでもなく
  • 生産性があるわけでもなく
  • お金が発生するわけでもない

ただただ、家族への
ご奉仕でしかない…

  • 自分のことは自分でやってよ
  • 休みの日くらい、たまにはご飯作ってよ

と思うけれど

働いてないから
家にいるから

という状況から
「何も頼めない…」という
心理状態になってしまう。

だったら、もう
仕事をしている状況を作ってしまえば
いいのでは?

リリコ

私も、在宅ワークを始めてから少しずつ
夫に家事を頼めるようになりました。

夫も夫で、頼まれた家事に対して
文句を言ってくることはないです^^

ここまで読んで、在宅ワークに興味が出た方は
在宅ワークについてまとめたページを読んでみてくださいね。

専業主婦が自宅で仕事をしたいときにおすすめの在宅ワーク6選!

まとめ:専業主婦の劣等感は在宅ワークをすれば消える!

専業主婦の劣等感は在宅ワークをすれば消えるよ
ということをお伝えしました。

もしかしたら
「無理やりだなぁ」と
感じさせてしまったかもしれません。

だけど、在宅ワークをやるようになって
私が専業主婦の息苦しさから開放されたのは

事実です。

在宅ワークって、
資格なし、実績なしで簡単に始められます。

誰でも挑戦できるものなので
選択肢の一つとして
ぜひ頭の片隅に置いておいてくださいね。

在宅ワークについてまとめたページはこちら

主婦が自宅で仕事をしたいときにおすすめの在宅ワーク6選!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる