ライターに向いてる人の特徴を現役webライターが考察!文章の読み書きが好きなだけじゃダメ!

文章の読み書きが好きなだけじゃだめ!webライターに向いてる人とは?

このページでは、歴3年、現役webライターの私が
ライターに向いてる人はどんな人かを
考察してまとめました!

文章の読み書きが好きなことは大前提ですが
それだけではダメです。

私ってwebライターに向いているんだろうか?

そんな疑問がある人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

ライターに向いてる人1:文章の読み書きが好きな人

webライターは、文章の読み書きを好きなことが
大前提のお仕事です。

苦手な人はやらない方がいいです。

「当たり前でしょ」って思ったかもしれませんね。

でも、ときどき見かけるんですよ、
文章を書くのが苦手なのにwebライターになろうとしている方を…。

在宅でできる、という点が気に入っているなら
文章の読み書きが好きではないのに
無理にwebライターになる必要はありません。

在宅ワークはwebライターの他にも

  • データ入力
  • オンライン秘書
  • せどり、転売

などなど、いろいろな種類がありますよ。

在宅ワークについてまとめたページもあるので
参考にしてくださいね。
在宅ワーク専業主婦の在宅ワークでおすすめのお仕事6選!資格なしでも始められる

文章の読み書きは好きだけど
仕事としてやっていけるか自信がない…という人は
こんな基準で考えてみるといいかも。

  • 読書感想文が得意だった
  • 自分の書いた文章を褒められたことがある

ライターに向いてる人2: 調べものが好き

webライターのお仕事は「文章を書くこと」なのですが、
文章を書き始める前に、まずやることがあります。

それが、リサーチです。

いやほんと、文章力と同じくらいリサーチできる力は大切です。

*リサーチとは*

ライバルとなる記事が、どんな内容を盛り込んでいるか確認する

記事の内容を充実させるために、情報収集をする

リサーチのスキルは、要は調べたいことを深く調べられる力です。

ネット検索をしたときに
知りたい情報がなかなか出てこなくて、
検索する言葉を変えて、何度も検索し直したような経験はありませんか?

そういうことができる人は、webライターに向いてます。

リリコ

逆に、知りたい情報がすぐ出てこないと
めんどくさくなっちゃって
「もういいなー」となる人は、あまり向いてないですね。

webライターのお仕事は、
自分が書きたいことを書けるわけではありません。

クライアントに求められていることや、
読者が知りたいと思っているであろう情報をまとめて
伝えていくお仕事なのです。

ライターに向いてる人3: パソコン作業が苦ではない

どんなに文章を書くことが好きでも
パソコン作業が辛いと、webライターはおすすめできません。

リリコ

でも、慣れは大きいかと思います。

タイピングのスピードはどんどんアップしますし
分からない操作が出てきても、
検索すればたいていのことは解決します。

「webライターをやりたい!」という気持ちがあるなら
今はパソコン作業を苦手に感じていても
大きな問題ではないですよ^^

ライターに向いてる人4: コツコツと一人で作業をするのが好き

webライターはコツコツとした作業の連続です。

リリコ

華やかさなんて皆無ですし
基本、ずーっとパソコンの前に座っています。

また、あまり他人とのコミュニケーションがないお仕事です。

対人関係のストレスがなくなるのはメリットですが
「今日、家族以外の誰とも話してないな」みたいなことも
フツーに起こります。

  • 人前に出るのが好き
  • 人とコミュニケーションを取るのが好き!

という人は、向いていないお仕事といえるでしょう。

ライターに向いてる人5: 向上心がある

どんなお仕事でもそうですが
向上心があるというのは
webライターとしても大切なことです。

  • クライアントに、いつも同じことを指摘される
  • 納期に間に合えばいいやと、適当にまとめた記事を納品する

↑こんな人、社会人としてだめですよね

リリコ

もちろん、収益も上がっていかないです。

ライターに向いてる人6: 計画性を持って仕事ができる

webライターは納期のあるお仕事。

納期を守る、期限を守るのって、社会人として当たり前のことですよね。

リリコ

納期を守れないことが続くと、クライアントの信用を失ってしまいます。

「webライターは納期を守って当たり前」くらいの気持ちでお仕事しましょう。

そのため、
「気分が乗らないけど今日は50%まで完成させておこう」
みたいな計画性は大切です。

ライターに向いてる人7: クライントとマメに連絡を取るのが苦ではない

webライターのお仕事は、一人で家でできる代わりに
マメに連絡を取れることが求められます。

重要なことを連絡したのになかなか返事がこなくて、
ヤキモキした経験はありませんか?

リリコ

それは、クライアントも同じなんです。

こちらが連絡をする。
すぐに反応が返ってくる。

そういう人の方がストレスなくお仕事できますし
安心感があります、お互いに。

なので、連絡が来てもすぐ返すのが苦手だったり
放置気味になってしまうという人は
webライターのお仕事は向いてないかもしれません。

アドバイス:画面の向こうには「人」がいることを忘れないで

ここで1つ、webライターのお仕事をやる上で
忘れないでほしいことをお伝えします。

webライターのお仕事をするときは、
基本的にずーっとパソコンの前に座っています。

だからなんだか、
パソコンとお仕事しているような気分になるときがあるんですよ。

リリコ

でも、違いますよね?

パソコンの向こうには、必ず「人」がいます。

あなたとお仕事をしているのは「人間」ですし
あなたが書いた記事を読んでくれるのも「人間」です。

そのことを忘れないでいたら
クライアントにとっては、手放したくないwebライターになるはずだし
読者からは「この人の記事良かったな」と思ってもらえるはずです。

まとめ:結局、webライターに向いているのは努力家

まとめ

このページをまとめながら思ったのですが、
結局、webライターに向いているのは
「努力」できる人、ですね。

そんなの、どんな仕事だってそうですよね。

リリコ

そう、どんなお仕事だって
努力できる人じゃないと出来ないんです。

なんだか、webライターのお仕事って
「お小遣い稼ぎ」という感覚で取り組んでいる人が多いような気がしていて…。

webライターだって立派なビジネスなので
他のお仕事と同様に、
向上心を持って努力できる人じゃないと
成功できません。

webライターを目指している方は
その点をぜひ忘れないでくださいね^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる